宅建試験独学合格に準備するテキスト

宅建士試験独学合格のための勉強方法

宅建に独学で合格するためのテキスト

宅建試験独学合格するためのテキストは必要なものだけを

宅建試験の勉強に費やす時間が少ない人が、とにかく効率よく独学合格するために考えたテキスト類です。最低限準備するものは下の3冊です。

宅建試験用の基本書1

→→→パーフェクト宅建 基本書 (パーフェクト宅建シリーズ)

※最新版を選んでください

宅建試験用の基本書2

→→→らくらく宅建塾 (らくらく宅建塾シリーズ)

※最新版かどうかを確認して過去問ではなく基本書を選んでください

宅建試験の過去問10年分

→→→パーフェクト宅建過去問10年間

※最新版を選んでください

宅建試験の独学短期合格に必要なテキストは基本的にこの3冊だけです。テキスト3冊の合計金額は1万円以下ですね(受験校の通信講座でO原なら15万円前後、Yーキャンでも約6万円です)。

宅建試験用の基本書(テキスト)が2冊と、宅建試験過去問(10年分)が1冊だけです。

もちろん「絶対にこの3冊じゃないと合格しない」というわけではありません。基本書や過去問は他にも様々なシリーズがあります。テキストの内容に大差はないので好みで選んでも良いです。

ただ、他のシリーズ本で勉強するとしても、基本書2冊と、過去問1冊というパターンで揃えてください。

宅建試験用テキストを2冊を準備する理由など

宅建試験用の基本書(テキスト)がなぜ2冊必要かということですが、

  • 1冊だけだとどうしても抜けている項目がある
  • 同じ項目でも解説の言い回しが違うので理解しやすい

ということがあります。

基本書が1冊だけでも合格はできますが、これまでの経験上2冊の方が理解が深まります。1冊目のテキストに書いてあったことが理解できなかった場合、もう1冊のテキストを見て理解できることは結構あります。

だからといって、基本書を3冊も4冊も準備したところで、理解が深まるというわけではありません。3冊も4冊も手を付けてしまうと、結局どの基本書も中途半端になってしまいます。

「独学で効率よく宅建試験に短期合格!」と考えた場合は基本書2冊がちょうど良いです。

宅建のおおまかな勉強方法

宅建試験の勉強をするための「ノート」は作りません

ノートを作って勉強をすると、確かに理解は深まって記憶にも残りやすいですが、とにかく時間がかかってしまいます。「ノートを作ることが目的」になってしまう人や、「ノートができたことで勉強した気になる」人がいますよね。

宅建受験の目的は「宅建試験の合格ラインを上回ること」なので、極端に言ってしまえば、宅建の試験が終わってしまったら、それまで勉強したことが頭からすっ飛んでもいいんです。

宅建士として実務家になるときに、宅建試験に合格するための勉強ではなく、実務に直結する勉強をすればいいので、試験勉強中はきれいなノートを作りません。

覚えたいことのメモ書き程度はテキストにどんどん直接書き込みます。

そして、テキストをそれぞれ4分割します(自分の好みで良い)。

権利関係宅建業法法令上の制限税・その他をそれぞれちぎるイメージでテキストを破ります。

破った後はバラバラにならないように、背表紙としてガムテープでも貼っておいてください。買った本を破るのに抵抗はありますが、どうせ試験が終わったら読むことはありませんし。

もともとのテキストが分厚いので、通勤時に持ち歩いたり、デスクで勉強するときに開きにくかったりします。4分割ぐらいに分けておいた方が勉強しやすいんです。

分割しなかったら分厚くて重いので、通勤や通学時に持ち歩きたくないし、勉強のボリュームがたくさんあるように見えて、そのうち開かなくなってしまいますよ。

この記事の著者:宅建士独学合格体験記の管理人「小林」
基本書2冊と過去問10年分を徹底的に繰り返しやってください。宅建士の試験は本当にこれだけで合格できます。宅建は試験の内容が難しいのではなく、こういった繰り返し学習するということがなかなかできないから合格できない人が多いんです。何年もダラダラ受験し続ける人は多くいますが、集中的に頑張って次の試験で合格して、早く資格を生かしてステップアップしましょう。