宅建試験合格に必要な学習時間

宅建士試験独学合格のための勉強方法

宅建合格までに必要な勉強時間

宅建試験を合格するために必要な学習時間は、およそ300時間といわれています。

もちろん受験生の素養や実務経験の有無などで、合格に要する学習時間はそれぞれの人によりますが、宅建試験入門者から合格するまでの平均が300時間程度ということです。

税理士試験が最終合格まで約6000時間、社会保険労務士が約1000時間と言われているのと比較すると、比較的楽に感じますね。

でも、ほぼ毎日1時間の勉強を1年間(300日)続けるのは、おそらく忙しい宅建受験者にとっては結構厳しいですよね。宅建受験生は仕事や学生をしながらの人が多いので、なかなか宅建試験の勉強をする時間が取れません。

もし試験3ヶ月前から勉強を始めたら、1日3~4時間をほぼ毎日・・・多分無理ですよね。

勉強時間が重要ではないです

300時間というのは宅建試験の初学者、入門者が対象なので、不動産の実務経験がある人や、これまで何度か不合格になった人などは、半分の約150時間程度で合格できるのではないでしょうか。

ただ、目的は宅建試験に合格することであって、勉強時間を積み重ねることではないので時間数はあまり気にしなくてもいいと思います。

他の資格などと比較して、目安で約300時間程度ということです。

しかし結局重要なのは、勉強に充てる時間の中身ですよね。例え300時間やったとしても合格しない人は、勉強のやり方が何か間違っているのだと思います。

もっと少ない時間で効率的に合格するための勉強方法は、宅建試験科目別独学勉強法に記載しています。

この記事の著者:宅建士独学合格体験記の管理人「小林」
「宅建に合格するまでの勉強時間が約300時間」と聞いただけだと「結構イケそうだな」と感じますよね。でも1日1時間を約1年間、しかも毎日続けると想像したら意外とできなさそうです。次の試験で合格するぞと決めて、毎日コツコツと勉強して早く合格してしまいましょう。